家事効率を上げる為にはどうすれば良いのかについて

>

美味しい作り置き惣菜を作る

お小遣い制にする

小学生位になればそろそろ共働きの家庭であっても子供に対してお小遣いをあげる事を考えて見る時期だと思います。
ですが、毎月ただお金を子供に渡しただけでは子供もお金に対してありがたみを感じなくなり無駄遣いが増えてお金に対して深く考えなくなると思います。
なので、家事効率アップ術の中には、子供にお手伝いをさせる事も含まれているようなのです。

例えば、家事ごとに金額を設定して一つの家事をお手伝いしてくれたごとにその金額を払う方法や一か月分のお手伝いの分をまとめて払ったりして働いてお金を稼ぐ意味をお手伝いを通して子供に教えてあげるのも良い方法ではないかと考えます。
そうする事で子供自身もお金の大切さを学べますし、家事効率アップに繋がるので体の負担も減らせるような気がします。

スタンプカードを作ってあげる

子供にただお金をあげるのではなく中では欲しい物リストを子供に作らせて、その欲しい物をどうすれば手に入れる事が出来るかをお手伝いを通して教えている共働きの家庭もあります。
スタンプカードが世の中にあるように、親自身がスタンプを押す側となりお手伝いをしてくれたら一つのスタンプを押して、それが何個貯まればその数の所に書いた欲しい物を買って貰えると言うシステムで自身の家事負担を減らしている所もあります。

子供にお手伝いを通して労働の大変さと意味と忍耐力を身につけさせるのに繋がっていると言うのです。
確かに言われてみれば、欲しい物が簡単に手に入るよりも多少の努力をして手に入れた方がその物自体をとても大切に扱うようになるからです。


この記事をシェアする